日能研 全国公開模試 第5回 合格判定テスト

実力テスト
本記事のテーマ

・日能研の模試を受けた「1日」を記事にしました。

 

日能研 全国公開模試 第5回 合格判定テスト

1.模試のきっかけ

パパ
パパ

日能研のテストを受けた「きっかけ」は「ゆちゃん」からの一言でした。

 

 12月16日(水)の夜

 

ゆちゃん
ゆちゃん

塾の周りの友達は、色んな模試を受けてるけど、「ゆちゃん」は受けなくても大丈夫なの?

パパ
パパ

え!周りの子は受けてるの?受けた方が良いよ。すぐに探すよ!そして、塾の先生にも聞いてみる。

  

 塾の先生に電話で聞くと、「受験まで、残り1ヶ月という時期のため、ほとんどの模試が終了しているけど、まだ1つだけ間に合いそう」と連絡がありました。

 

 その1つが、「日能研 全国公開模試 第5回 合格判定テスト」

 

 インターネットで申し込み、模試前日の12月19日(土)に「受験票」が届きました。

 

2.模試当日

 模試会場は、家から車で40分の場所だったので、7時40分に家を出発しました。塾以外で初めてテストをする「ゆちゃん」は、次の事を心配していました。

 

・迷子にならずに受験教室に辿り着けるかな?
・トイレに行ったら教室に戻ってこれるかな?

 

 模試会場のそばに来ると、「N」のイニシャルの入ったカバンを「背負った子供達」が、たくさんいました。一目で「日能研」の子達だと分かります。

 

 模試会場のそばで、ママと「ゆちゃん」を車から降ろすと、二人は入り口に、小走りで向かって行きました。しばらくすると、ママから

 

ママ
ママ

親が入れる「入り口」まで「ゆちゃん」を送ってきたよ。

と連絡があり、ママを迎えに行きました。

 

3.模試が終わるまでの間

 模試が終わるまでは、3時間ほど時間があったので、熱田神宮に「ゆちゃん」の合格祈願に行きました。

 

 天気は良かったのですが、空気を冷たく、ダウンジャケットを着ていても寒かったです。

 

 合格祈願を終えた後は、新瑞橋のイオンに行き、模試が終わる時間に合わせて「ゆちゃん」を迎えに行きました。

 

4.試験を終えて

パパ
パパ

教室には辿り着けた?

ゆちゃん
ゆちゃん

大丈夫だった。決まった席は無かったよ。「この部屋の席に座ってね」っていう感じだった。

  

 

パパ
パパ

周りが日能研の人達ばかりで、アウェイ(疎外感)な感じは無かった?

ゆちゃん
ゆちゃん

教室では、誰もしゃべってなかったし、気にならなかったよ。

  

 

パパ
パパ

見直しは出来た?

ゆちゃん
ゆちゃん

分からない問題もあったけど、全科目、「問1」は見直しが出来たよ。

  

 車で家に帰るまで、40分以上かかりそうだったので、「ゆちゃん」には、お疲れ様という事で、Amazonプライムの「ハイキュー」を見せてあげながら帰りました。

 

5.帰ってきてから

 帰ってきたら、「ゆちゃん」んは、お布団でしっかり寝て、休憩してもらいました。(約1時間30分弱)

 

 起きてからは、模試の答え合わせをしました。(※その日のうちに、答え合わせする事が大切)

 

 今回の模試の結果は、良いのか悪いのかは分かりませんが、「外部で受ける試験」の練習として良い経験になったと思います。

 

6.塾で「入試直前」の面接

 そして、この日の夜は、塾で「入試直前」の面接がありました。

 

パパと先生の1対1の面接です。

 

先生からのアドバイスは、

・社会の基礎をもう一度、確認し、毎日、社会の問題集を見る
・算数の取りこぼしを無くすようにする
 

  

 そして、

「南山女子は、もう少しで手の届くところまで来ているので、あと一ヶ月、最後の追い込みを頑張って、なんとかして受かって欲しいと思っています。」

との事でした。

 

 確かに、あと少しで合格できるところまで、実力がついてきているので、ここで受からないともったいないです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました