南山中学校女子部 『結果発表』

雑記と感想
本記事のテーマ

・今日の「ゆちゃん」について

 

 2月1日(月)、全てのテストが終わった「ゆちゃん」は、今日から学校に登校です。

久しぶりに、「ひ君」と一緒に登校していきました。

 

 合格発表は、郵便書留でした。夫婦共働きの我が家においては、日中に合否結果の入った封筒を受け取る事ができないので、不在連絡票による再配達で封筒を受け取りました。

 

 19時、「ピンポーン」と郵便局員さんが封筒を届けてくれました。

 

 「ゆちゃん」は、なぜか自分で開封しようとしません。パパも緊張で躊躇っていると、

 

ひ君
ひ君

開けていい?(ビリビリっと開けていきます)

パパは、「ひ君」が開けていく姿を見ていました。

取り出した結果表には、「不合格」の文字が。。。

 

ひ君
ひ君

不合格だってー。

ゆちゃん
ゆちゃん

やっぱりなぁ。

パパ
パパ

 そっかぁ。受かってる可能性もあったと思うけどなぁ。なんか、ギリギリのラインで落ちてる気がする。結構、問題は解けてたと思うし。(※一番、未練たっぷりなのはパパでした)
 「ゆちゃん」、お疲れ様でした!頑張った!

 

「ゆちゃん」は無表情を装っていますが、ショックの色が見え隠れしています。

 

 受験だから、当然、受かる子も居るし、落ちる子もいる。でも、合否というのは、中学受験というものに対する側面の1つであって、最も大切な事は、この受験勉強を通して『努力の大切さ』を学んでくれた事だと思います。

 

 「ゆちゃん」は、パパにとって自慢の娘です!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました